ahamo(アハモ)、povo(ポヴォ)、LINEMO(ラインモ)、乗り換えるならどれがお得?3プランの比較

ahamo(アハモ)、povo(ポヴォ)、LINEMO(ラインモ)、乗り換えるならどれがお得?3プランの比較

大手3社から新しい料金プランが登場

ドコモ、au、SoftBankの主要3キャリアから相次いで、新料金プランの発表がありました。
新料金プランの名前は、ドコモが「ahamo(アハモ)」、auが「povo(ポヴォ)」、SoftBankが「LINEMO(ラインモ)」となっています。
各社の新しいプランの共通点は、シンプルでわかりやすくなっていることです。
また、月額料金についても2,000円代となっており、あまり差がないので、乗り換える際に、どこがお得なのだろうかと迷ってしまう方もいらっしゃることでしょう。
今回は、各社の新料金プランの特徴についてご紹介していきますので、比較する際の参考にしてみてください。

ドコモのahamo(アハモ)の特徴

ドコモのahamo(アハモ)の月額料金は、2,700円(税別)です。
5分以内であれば、国内通話が無料となります。
また、月間容量20GBの範囲内であれば、82ヶ国・地域で国際ローミング通信として利用できることもahamo(アハモ)の特徴です。
提供開始予定日は2021年3月26日で、契約できるのは20歳以上の個人のみとなっています。
先行エントリーに申し込みすると、dポイント3,000PTが貰えます。

auのpovo(ポヴォ)の特徴

auのpovo(ポヴォ)の月額料金は、2,480円(税別)です。
povo(ポヴォ)は、5分以内通話かけ放題(月額500円)、データ使い放題(24時間200円)、通話かけ放題(月額1,500円)、データ追加(1GBあたり500円)などのトッピングが用意されているのが特徴となっています。
提供開始予定日は2021年3月頃となっており、詳細なスケジュールは未定です。
先行エントリーに申し込みすると、au PAY 残高3,000円相当のプレゼントがもらえます。

SoftBankの「LINEMO」(ラインモ)の特徴

SoftBankのLINEMO(ラインモ)の月額料金は、2,480円(税別)です。
LINEMO(ラインモ)は、LINEのギガノーカウント分が月額料金に含まれているのが特徴となっています。
LINEトークやLINE通話などをノーカウントの対象に予定しているとのことです。
提供開始予定日は2021年3月頃となっており、詳細なスケジュールは未定です。
先行エントリーに申し込みすると、PayPayボーナス3,000円相当のプレゼントが貰えます。

各社の新プランの共通点

各社の新プランの共通点は、以下の通りです。
・月額料金の中には20GBのデータ通信量が含まれている
・1ヶ月のデータ通信量が20GBを超えると、通信速度が最大1Mbpsになる
・通話料が20秒あたり30円かかる
・お申し込み手続きはオンライン限定
・キャリアメールが使えない
・家族割引など割引制度が併用できない
・次世代方式の5Gに対応
・eSIM対応(povoは予定)
・先行エントリーでポイントが貰える

乗り換えするならどれがお得?

では、実際に乗り換えするならどのプランがお得なのでしょうか。

月額料金を安くしたいならauのpovo(ポヴォ)

月額料金の安さを重視したいのであれば、2,480円で利用できるauのpovo(ポヴォ)が一番お得です。
ahamo(アハモ)は月額2,700円なので、povo(ポヴォ)よりも若干高くなっています。
ただし、povo(ポヴォ)はahamo(アハモ)のように基本料金に5分以内無料通話が含まれていません。

LINEを使う方はLINEMO(ラインモ)がおすすめ

LINEを利用する機会が多い方は、LINEトークやLINE通話などがギガノーカウントとなるLINEMO(ラインモ)のほうがお得に利用できるでしょう。

海外でデータ通信をしたい方はahamo(アハモ)が便利

データ利用量を重視するのであれば、3社とも20GBまでは月額料金内で利用できるので、どれを選んでも差はありません。
ただし、ahamo(アハモ)は国際ローミング通信が可能となっていますので、海外に出かける機会が多い方はahamo(アハモ)のほうが使いやすいでしょう。

おすすめのスマートフォン向け保険

新料金プランを契約される方、あるいは従来のプランへ移行される際に、スマートフォン用の保険も見直したいという方もいるかもしれません。
ドコモは「ケータイ補償サービス」、auは「故障紛失サポート」、SoftBankは「あんしん保証パック」など、各キャリアからは、スマートフォン向けの保険が用意されています。
また、Apple社の製品を購入された方であれば、「AppleCare+ for iPhone」に加入することもできます。
各社からさまざまな保険が用意されていますが、コスパの良さで選びたい方には、「モバイル保険」もおすすめです。
モバイル保険は月額料金が700円と格安ですし、1契約で3台まで補償が受けられます。
提携修理店であれば、キャッシュレス修理も可能です。
各キャリアの新しい料金プランでも利用できますので、ぜひ検討してみてはいかがでしょう?