ahamo(アハモ)の手数料や解約金と保証について

ahamo(アハモ)の手数料や解約金と保証について

ahamo(アハモ)とは

ahamo(アハモ)は、ドコモが提供する新しい料金プランです。
どのようなサービスなのか簡単に見ていきましょう。

お得に使える

ahamo(アハモ)は月額わずか2,700円(税抜)だけで、月間データ容量20GBが利用できる、これまでにない割安のプランです。
しかも、5分間までなら、国内通話が何度でも無料になりますので、ネット重視で通話は短時間だけの方なら、十分満足できるお得なプランです。
通話も楽しみたい方なら月額1,000円(税抜)のオプション料を払うことで、国内通話がかけ放題になる、かけ放題オプションも用意されています。

手続きはネットだけ

ahamo(アハモ)はドコモショップや家電量販店などのドコモブースでの加入手続きや機種変更手続きはできません。
余計なオプションや2年縛りといった契約者に制約をかけるオプションなどを失くし、スマホを初めて利用する方でもわかりやすいプランとしたことで、対面の説明がなくても1人で契約できるようになっているためです。
プラン内容をシンプルにし、店舗での手続きではなくオンライン手続きのみとしたことで、店舗運営費や人件費などをカットできるので、充実のネットや通話を月額2,980円(税抜)で利用できるプランが実現したのです。

気になる手数料について

新たにスマホの契約をされる方も、お得なプランに機種変更する場合や他社から乗り換えたい方も気になるのが手数料ではないでしょうか。
月額費用は安いけれど、プラン変更や機種変更すると手数料が取られるのが嫌と感じている方にも朗報です。

新規契約事務手数料が無料

初めてスマホを持つ方や初めてドコモを利用し始める方も、従来のスマホやケータイの新規契約時にかかっていた手数料はかかりません。

MNP転出手数料が無料

携帯電話会社を変更したいけれど、電話番号が変わるのが嫌だという方にも便利になったMNPですが、電話番号をそのまま引き継ぐには転出手数料が必要でした。
転出料は元の携帯電話会社に対して発生する手数料ですので、ahamoに切り替える際に手数料が発生するかどうかは、元の携帯電話会社の制度によって決まります。
今後ahamoから別のプランやキャリアに変更したいということになった際は、ahamoはMNP転出料が無料となっているので手数料を気にせず変更できます。

機種変更手数料が無料

ドコモユーザーがAndroidからiPhoneにしたい、新しいモデルにしたいなど機種変更をする際には、これまでのプランであれば、機種変更手数料が必要でした。
せっかく新しい端末を手に入れて気分が良く、プランもちょっとお得になったと思ったのに、機種変更手数料を前にして、ちょっと損した気持ちになる方も多いのではないでしょうか。
機種変更時にahamo(アハモ)のプランを選べば、機種変更手数料もかかりません。

気になる2年縛りや解約金について

これまでケータイやスマホの料金プランといえば、他社への乗り換えを防止するため、料金を安く抑えたいなら2年縛りなどの定期契約を結ばなくてはなりませんでした。
もし、途中で解約すると高額の解約金や違約金が取られるため、なかなか乗り換えはできず、更新時期を迎えて機種変更して再び継続というパターンをたどってきた方が多いことでしょう。
ahamo(アハモ)ではオンラインで誰もが簡単にプランを理解して契約できるよう、2年縛りなどもなく、いつ解約しても解約金も発生しません。

スマホのトラブルに備えるために

低額の料金でスマホを利用できるようになるドコモのahamo(アハモ)の登場で、機種変更や乗り換えだけでなく、2台目、3台目として利用したい方も多いのではないでしょうか。
料金が安いし、事務手数料もなく、解約金や違約金などの縛りもないから、メインのiPhoneに加えてAndroid端末をahamo(アハモ)で利用したい、仕事用とプライベート用を分けたい、家族用と恋人用の端末を分けたいなど、複数台所有の需要が生じることでしょう。
複数台のスマホを所有する場合、保証はどうしていますか。

特にドコモユーザーに人気が高いiPhoneの場合、契約時から30日以内に安心の保証サービスに入るか決めなくてはならず、多くの方が契約時に判断に迫られています。
高価なiPhoneが壊れることを考えると、2年で2万円前後のAppleCare+に加入される方もいらっしゃるでしょう。
もし、ahamo(アハモ)の登場で新たにiPhoneを2台追加したい場合、4万円近い保証料を支払うことはできますか。
1端末ごとに保証を付けるので、費用負担が大きくなります。

そこでお勧めなのがモバイル保険です。
モバイル保険なら月額わずか700円で3端末までカバーできます。
しかも、修理回数は無制限で年間10万円までの補償が受けられ、その範囲に収まれば、実質無料で修理ができるのです。
AppleCare+の場合、修理サービスは年間2回に限定され、しかも、修理料金が安くなるだけで、保証料に加えて修理代金を支払う必要があります。
モバイル保険は圧倒的にコストパフォーマンスに優れているのです。