povo(ポヴォ)への新規契約や機種変更、MNPする場合の手続き方法や手数料について

povo(ポヴォ)への新規契約や機種変更、MNPする場合の手続き方法や手数料について

povo(ポヴォ)とは

povo(ポヴォ)はauが新規に提供するオンライン専用の料金プランです。
月間20GBのデータ使用量を、わずか月額2,480円で利用できます。
月間20GBでは足りない場合には必要に応じて1GB500円でデータの追加も可能です。
また、24時間限定でデータ使い放題となるオプションは、その都度200円で利用できます。
通話については5分以内通話かけ放題は月額500円、無制限で通話かけ放題となるオプションも月額1,500円で利用可能です。

povo(ポヴォ)を利用するには?

20GBあれば十分すぎる方には、月額わずか2,480円、もっと使いたい方や状況に応じて使いたい方、通話もお得に利用したい方は自分の必要に応じて、オプションを追加できるのがpovo(ポヴォ)の魅力です。
自分スタイルでお得に利用できるpovo(ポヴォ)を利用するにはどうすれば良いのでしょうか。

すべてオンラインで完結

これまではauにて新規で契約したい場合や機種変更したい場合、UQモバイルからMNPしたい場合などはauショップや家電量販店のauブースに出向いて手続きをしていた方が多かったと思います。
オンラインショップではプランの内容がわかりづらく、店頭で対面のほうが安心と感じていたことでしょう。
ですが、povo(ポヴォ)に加入したい際は新規でも機種変更でも、MNPを伴う場合でも、すべて専用のオンラインサイトのみで手続きをすることになります。
逆に言うと、auショップや家電量販店のauブースでは加入できません。
対面手続きを省くことで人件費などをカットしてお得なプランを提供するとともに、内容をシンプルにしたことで、オンラインでも気軽に加入手続きができるようになっています。

気になる手数料

低料金で利用できるから2台目、3台目のスマホを持ちたいと新規でpovo(ポヴォ)に契約したい方もいれば、auの高い料金プランから機種変更を兼ねて切り替えたい方、UQモバイルからMNPしたい方も多いと思いますが、気になるのが加入時にかかる手数料ではないでしょうか。
手数料がもったいなくて機種変更しにくい、MNPしにくいと、新たなプランや他社への変更をためらってしまう方もいるはずです。
この点、auではpovo(ポヴォ)とauおよびUQモバイルのグループ系列のプランを利用する場合、3社間における手続きにかかる費用をすべて無料とすると発表しました。
つまり、povo(ポヴォ)にauの従来プランやUQモバイルから加入する場合の新規事務手数料をはじめ、auやUQモバイルを中途解約しても解約手数料もかかりません。
なお、当面の間はオンラインシステムが対応できないため、いったん契約解除料や新規事務手数料 、UQ mobileにおけるSIMパッケージ料金、番号移行手数料を支払わなくてはなりません。
そのうえで、povo(ポヴォ)の翌月以降の利用料金から支払った手数料分を控除するという方式が採られます。

保証はどうする?

povo(ポヴォ)の登場で、2台目、3台目のスマホを持ちたいニーズが増えることが予想されますが、その場合、保証はどのようにしたいと考えていますか。
手続き時の手数料もかからないし、月額料金も最低2,480円で済むなら複数台持ちたいと思っても、保証は基本的に1台ずつ加入する必要があり、保証料をプラスすると、月額2,480円では済まなくなります。

auで提供されている従来の保証

povo(ポヴォ)向けに新たな保証が提供されるかはまだ未発表ですが、料金が安いからといって故障や盗難などのトラブルが減るわけではないので、保証はauと同等のサービスが提供される可能性があります。
その場合、iPhoneであれば、機種により月額707円~1,190円です。
バッテリーやハードウェア製品保証は4年間無償ですが、過失や事故による損傷や画面修理は3,700円(税込)、その他の修理や紛失、盗難は12,900円(税込)を支払うことが必要です。
Androidの場合、auの故障紛失サポートの月額利用料は4G LTEのスマホで693円(税込)、5G端末だと726円(税込)となります。
修理代金は契約期間や修理回数によって異なり、1回3,300円(税込)~8,800円(税込)の割引料金で修理ができます。

モバイル保険がお得

複数台保有をしたい方も、割安料金のpovo(ポヴォ)で1台だけ安く使いたい方も、モバイル保険がお得です。
モバイル保険は月額700円で3端末までカバーできるので、複数台持ちたい方にはコストパフォーマンスが高いです。
1台だけの方も月額700円で済み、しかも、年間の修理代金は10万円まで、盗難時や修理不能時は最大25,000円まで保険金でカバーできるので、au独自の保証サービスに比べてお得に利用できます。
au独自の保証サービスは修理代金の割引が基本で、保険金による無償修理はできないためです。