povo(ポヴォ)への切り替え方や保険の情報まとめ

povo(ポヴォ)への切り替え方や保険の情報まとめ

povo(ポヴォ)へ切り替えたいときは

povo(ポヴォ)は月額2,480円で月間データ容量20GBが利用できる、auのオンライン専用の新料金ブランドです。
さらに月額500円で5分までの国内通話が無料になることや200円の追加料金で、24時間限定でデータ通信が使い放題となるデータ使い放題24時間などのユニークなトッピングプランも用意されています。
動画などをたっぷり見たい方も、オンライン授業やリモートワークで、スマホで気軽に会議をしたい方などにとっては、魅力的なプランではないでしょうか。
どのようにすればpovo(ポヴォ) に切り替えられるのか、情報をまとめてみました。

すべてオンライン手続き

povo(ポヴォ)の一番の特徴が、契約手続きや機種変更手続きをはじめ、利用中の各種手続きもすべてオンラインという点です。
逆に言うと、従来のauのケータイやスマホのようにauショップや家電量販店のauブースなどでは切り替え手続きができないので注意しなくてはなりません。
対面手続きを省くことで店舗運営費や人件費などをカットし、月額2,480円で20GBというお得なプランを実現しているのです。

au・UQモバイルから切り替えしやすい

auの従来のスマホプランをはじめ、au系列のUQモバイルよりもお得な場合もあるので、切り替えを検討されている方も多いことでしょう。
もっとも、気になるのが切り替え時にかかる手数料です。
この点、auではグループ系列のスマホをニーズに合わせて柔軟に料金プランの切り替えができるよう、povo(ポヴォ)とauおよびUQモバイルの3者間の切り替え手続きにかかる費用をすべて無料とすると発表しました。
つまり、povo(ポヴォ)に切り替える場合の新規事務手数料はもちろんのこと、auやUQモバイルの契約期間の途中で切り替えても解約手数料がかからないということです。
ただし、当面の間はオンラインシステムが対応できないため、いったん契約解除料や新規事務手数料 、UQ mobileにおけるSIMパッケージ料金、番号移行手数料をいったん支払ったうえで、新たに切り替えたプランの利用料金から翌月以降に割引するという方法が採られます。

保証情報のまとめ

povo(ポヴォ)に切り替えることで、月額料金は従来より大幅に安くなる方は多いのではないでしょうか。
中には従来より3分の1、4分の1になる方もいるかもしれません。
となると、仕事用とプライベート用に分けて2台スマホを持ちたいと考える方、iPhoneに加えてAndroidを持ちたい方、逆にAndroidに加えてiPhoneを新規でpovo(ポヴォ)で契約したい方も増える可能性があります。
複数台保有における保証はどうすべきか、情報をまとめてみました。

iPhoneの場合

povo(ポヴォ)で新たにiPhoneの契約をする場合の保証については、auで提供されている故障紛失サポート with AppleCare Servicesと同等の保証が用意されることが見込まれます。

Androidの場合

Androidの場合、auの故障紛失サポートが月額利用料は4G LTEのスマホで693円(税込)、5G端末だと726円(税込)です。
修理代金割引が受けられ、1回目の修理はau契約が25ヶ月以上の方は3,300円(税込)、au契約が25ヶ月未満の方は5,500円(税込)、2回目au契約が25ヶ月以上の方は6,600円(税込)、au契約が25ヶ月未満の方は8,800円(税込)となっています。

複数台保有でもお得なモバイル保険

povo(ポヴォ)に切り替えることで複数台保有をしたいなら、モバイル保険がおすすめです。
月額700円で3端末までカバーできるためです。
主端末は年間修理代金10万円まで補償されます。
au独自の保証サービスとは異なり、修理代金が割引になるのではなく、10万円までなら保険金を使って無償修理ができるということです。
盗難時や修理不能時は、最大25,000円まで保険金が支払われます。
2台目、3台目の副端末は合計で年間修理代金35,000円まで、盗難・修理不能時は最大7,500円まで補償が受けられます。
iPhoneとAndroid、iPhoneの4G端末と5G端末などでモバイル保険を利用すれば、月額700円だけで納得の保証が得られるのです。
povo(ポヴォ)にするならぜひ検討してみてください。