LINEMO(ラインモ)を最新のiPhoneやAndroidで利用できる?

LINEMO(ラインモ)を最新のiPhoneやAndroidで利用できる?

LINEMO(ラインモ)の特徴

LINEMO(ラインモ)はデータ容量20GBに加えて、LINEはデータ使用量に含めずに使い放題となるプランです。
わずか月額2,480円で利用できるのが魅力です。
通話についてもオプションを利用することで、5分以内、もしくは無制限のかけ放題にすることが出来ます。

最新の端末にも対応している?

新しくリリースされるLINEMO(ラインモ)に加入する際には、同時に新しい端末に切り替えたい方やこれまでの端末に加えて2台目、3台目を備えたいと考える方も多いのではないでしょうか。
そこで、LINEMO(LINEMO)が最新のiPhoneやAndroidに対応するのかが気になるとことです。
この点、LINEMO(LINEMO)は4Gだけでなく、5Gのネットワークも使えるサービスとなっており、ストレスなく高速ネット通信が楽しめます。
5Gにも対応できますので、最新の5G端末でも契約が可能です。

本当にお得に入れる?

20GBのデータ量にLINEが使い放題で月額2,480円なら、現在の契約から乗り換えたい方や現在のスマホに加えて新規でもう1台持ちたいと考える方も増えるのではないでしょうか。
この点、LINEMO(ラインモ)では新規契約事務手数料、機種変更手数料、MNP転出手数料はかかりませんので、従来のプランよりコストをより抑えて新規契約や機種変更、乗り換えなどが可能です。
Android端末に加えて最新のiPhoneを持ちたい、既存のiPhoneを使いながら、最新のiPhoneも使いたい方も、低コストで複数台保有が可能となります。

LINEMO(ラインモ)の保証選び

LINEMO(ラインモ)は事務手数料も無料で、月額料金も安いため、iPhoneに加えて最新のAndroidも持ちたい、Androidに加えて最新のiPhoneも持ちたい方、4G端末に加えて最新の5G端末も使いたいニーズも増えてくるでしょう。
もっとも、最新の端末を購入すれば、盗まれてしまったり、万が一、落としたり、水没させたり、壊れたり故障したときのことが気になります。
最新のiPhoneやAndroidは価格も高いので、万が一のトラブルに備えた保証があると安心です。

iPhoneの場合

SoftBankではiPhone向けにAppleCare+ 同等の保証とソフトバンクオリジナルのサポートが提供されるあんしん保証パック with AppleCare Servicesを用意しています。
自然故障や電池消耗などは無償修理、画面割れは3,700円(税込)、その他修理や修理不能や盗難、紛失時の配送交換は12,900円(税込)です。
保証料はiPhone 12 Pro、iPhone 12 Pro Max、iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Max、iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone Xなど最新の端末の場合は月額1,190円、その他の iPhoneは月額890円です。

Androidの場合

Androidの場合、SoftBank独自の補償であるあんしん保証パックプラスに加入できます。
月額650円で修理や交換などのサービスが、未加入時より割引価格で利用できるものです。
ボタンを押しても反応しないなどの修理は、通常修理価格が最大18,000円のところ0円、外装破損時の修理や外装交換なら通常より90%割引、水濡れ・全損などは通常交換価格最大44,000円のところ5,000円などとなっています。

これからの時代の保証

政府の方針により、携帯電話やスマホ料金の低料金化が求められる中、LINEMO(ラインモ)をはじめとするお得なプランが続々と登場しています。
これに伴い、仕事用、プライベート用やiPhoneとAndroidなど複数台所有のハードルも下がることになります。
これまでの携帯電話会社の保証や、メーカーの保証は1端末ごとに保証料がかかりました。
ですが、複数台所有がしやすくなる時代には月額700円で3端末までカバーできるモバイル保険がお得です。
主端末については年間修理代金10万円まで保険金が払われるので、補償範囲内の修理なら実質無償で修理できます。
盗難時や修理不能時は最大25,000円まで保険金が払われるのも安心です。
2台目、3台目の副端末は合計で年間修理代金30,000円まで、盗難・修理不能時は最大7,500円まで補償が受けられます。