LINEMO(ラインモ)に移行したいけど……手数料や解約金、違約金ってどうなる?

LINEMO(ラインモ)に移行したいけど……手数料や解約金、違約金ってどうなる?

LINEMO(ラインモ)の手数料などを把握しましょう

よくLINEも使う方は、新しく出る携帯電話のさまざまな新プラン中でもLINEMO(ラインモ)が気になっているのではないでしょうか。
ドコモやauからも新しいプランは発表になっていますが、LINEが使い放題でギガ数にカウントしないというのはLINEMO(ラインモ)だけです。
こちらではLINEMO(ラインモ)に移行したときにかかる、手数料や解約金、違約金について説明していきます。

LINEMO(ラインモ)に移行するときの解約金や違約金

料金もLINEMO(ラインモ)に移れば毎月2,480円になり、安くなるだけでなく20GBまで使えるため、動画などもこれまでより見られるようになる方もいるでしょう。
せっかく安くなるとはわかっていても、移行する際に解約金や違約金が一度にかかると思うと躊躇してしまう方もいるのではないでしょうか。
自分の今持っているスマホのキャリアがどこかによっても、解約金や違約金は変わってきます。

持っているブランドがSoftBankやY!mobileの場合

今使用しているスマホのキャリアがSoftBankのグループであれば、3月にサービスが始まって移ったとしても解約金も違約金も0円です。
同じブランド内では気軽に移動できるような体勢を取っているため、解約金や違約金は0円と発表されています。
今までSoftBankは少し高いと感じていた方も、更新月などを気にしないで移行できます。

ドコモなど別キャリアのスマホの場合は?もしLINEMO(ラインモ)に移行した後解約する場合は?

魅力的に見えてLINEMO(ラインモ)に移ったものの、使ってみてからやっぱり元のブランドやキャリアに戻りたい……という気持ちになるかもしれません。
その際、LINEMO(ラインモ)では何年契約しないといけないというような約束事はないため、いつ解約してもお金はかかりません。
同じブランド内に限らず、ドコモや楽天モバイルなどに移るというときにもLINEMO(ラインモ)での解約金、違約金は0円です。

機種変更をしても取られる手数料はどうなるの?

今まで機種変更や新規の手続きの際には、必ず手数料というものがかかっていました。
LINEMO(ラインモ)に移る際も、結構手数料が取られてしまいお金がかかってしまうのではないかと思っている方も多いでしょう。
手数料について、詳しくご紹介していきます。

SoftBankやY!mobileからLINEMO(ラインモ)へ移行するときは取られない!

嬉しいことに、解約金や違約金が0円になるだけでなく手数料関係もすべて0円になります。
同じSoftBankという会社の中でも、ブランド間ではMNPが必要です。
一般的に、MNPの際にも手数料というものがかかりますが、今回はかかりませんので、すべてお金を気にせずに、SoftBankやY!mobileから移行できます。

ドコモなどの別のキャリアは注意が必要

こちらも明確に手数料がかかるともまだ発表されていませんが、SoftBankやY!mobileのように無料になるとも言われてはいません。
3月にサービスが始まって移行する際手数料がかかると思っていたほうが良いでしょう。
新規の事務手数料やMNPの予約番号を取る際の手数料などかかってきますので、移行する際は普段の携帯料金よりも高くなる可能性があります。

同じ会社内での移行が一番お得

SoftBankやY!mobileからLINEMO(ラインモ)へ移行するとお得なように、auやドコモでも自分たちで出している新料金プランの場合は違約金や手数料をかからないようにしています。
もしドコモを使っていてLINEMO(ラインモ)を検討しているものの、解約金や手数料が気になるときは、同じ会社で出しているahamo(アハモ)にするというのもおすすめです。

毎月の料金だけでなくスマホの心配もしよう

iPhoneなどを購入する際に、「こんなに高いんだ。」と思いながらローンを組んだ方も多いのではないでしょうか。
もし水の中や固いところに落としてしまって壊れたら、また高い金額がかかってしまいます。
いざ何かあったとしても安心できるよう、月額700円で年間10万円まで修理費用を補償してくれるモバイル保険に入って備えておきましょう。