LINEMO(ラインモ)の新規契約や機種変更、MNPをするには

LINEMO(ラインモ)の新規契約や機種変更、MNPをするには

LINEMO(ラインモ)を利用するには

LINEMO(ラインモ)はわずか月額2,480円でデータ容量20GBが使え、LINEについてはデータ容量を消費することなく使い放題になります。
安い料金でネットを使いたい方、特にLINEユーザーにとっては魅力的なプランです。
4Gに加えて5Gのネットワークも使えるので、ストレスのない高速ネット通信が可能となります。
LINEMO(ラインモ)を利用するにはどうすれば良いのか、新規契約や機種変更、MNPについてチェックしていきましょう。

手続きはすべてオンラインで完結

新規での契約をはじめ、SoftBankユーザーが機種変更と同時にLINEMO(ラインモ)に切り替えたい場合や他社ユーザーがMNPで乗り換えしたい場合など、すべての手続きはオンラインで行います。
専用サイトをはじめ、LINEアプリでスマホからも手続きできるので、パソコンを持っていない方でも便利です。
加入時の手続きをはじめ、利用中の変更手続きやサポートなどもすべてオンライン対応です。
逆に言うと、SoftBankショップや家電量販店などのブースでは契約することや利用中の各種変更手続きなどのサービスやサポートが受けられませんので注意しましょう。

手数料が無料なのが嬉しい

SoftBankで初めて契約する際には新規事務手数料がかかり、SoftBankユーザーが機種変更をする際には機種変更手数料がかかり、SoftBankへMNPしたい場合にはMNP転出手数料がかかります。
ですが、LINEMO(ラインモ)では新規契約事務手数料、機種変更手数料、MNP転出手数料はかかりません。
Android端末に加えてiPhoneも持ちたいけれど、新規契約時の手数料がもったいないと感じていた方やMNPしたいけれど手数料がかかるからと躊躇していた方も、コストをかけずに、LINE使い放題の安い料金プランへと移行ができます。

LINEMO(ラインモ)にした場合補償はどうする?

LINEMO(ラインモ)で事務手数料も無料で、20GBのデータ容量と使い放題のLINEが月額わずか2,480円で利用できるようになったことで、iPhoneに加えてAndroidも持ちたい方、既存の4G端末を使いながら最新の5G端末も併用して使いたいと考える方も増えるのではないでしょうか。
もっとも、端末が増えれば気になるのが、故障したり壊れたり、万が一盗難された場合のトラブル対応です。
補償に入っていないと全額自費となり高額となるため補償もしっかり準備しておきましょう。現在においては、LINEMO(ラインモ)で加入できる補償がないためAppleが提供するAppleCareや民間の保険会社が提供するモバイル保険をお勧めします。

AppleCareを利用する場合

端末購入後30日以内のiPhoneであれば、Appleが提供する補償サービスAppleCareに加入することができます。

Appleの正規サービスであることからソフト面でのサポートなども充実しており信頼性は高いです。バッテリー交換も対象になるところも魅力的ですね。

但し、端末料金が高くなっている昨今、最新端末であれば月々の月額料金は1,300円以上しますので、加入の際に悩むポイントかと思います。

モバイル保険を利用する場合

端末購入1年以内、もしくあ1年をすぎていてもメーカーや通信キャリアが提供するサービスに加入している場合は、モバイル保険に加入することができます。

モバイル保険は1台ずつではなく、1契約あたり月額700円で3端末までカバーできる補償サービスです。

また、修理時やAppleで優勝本体交換をした場合の費用は全額補償されるので、保険料さえ払っていれば事故時の費用は発生しません。

 

 

端末、プラン、補償、は使い方あった最適な補償サービスを選びましょう。

 

モバイル保険

AppleCare+
盗難紛失プラン

月額料金

700円(非課税)

1,309円

対象台数

3台

1台

事故時の自己負担金

0円

12,900円
※有償本体交換

修理可能店舗

街の修理店
Apple Store
正規サービスプロバイダ

Apple Store
正規サービスプロバイダ