LINEMO(ラインモ)の手続き方法や申し込み方法、店舗についてご紹介

LINEMO(ラインモ)の手続き方法や申し込み方法、店舗についてご紹介

LINEMO(ラインモ)について把握しましょう

携帯会社の大手3社では、新しい料金プランを発表され、毎月の金額が安くなるようなプランを打ち出してくれました。
中にはLINEMO(ラインモ)が気になっていて、いつから申し込みや手続きをしたら良いのかと思っている方もいるでしょう。
こちらではLINEMO(ラインモ)の手続き方法、申し込み方法、店舗はあるのかなどを詳しく説明していきます。

LINEMO(ラインモ)の申し込みってどうすればいいの?

LINEもお得に使えるとあって、LINEMO(ラインモ)に申し込みを検討している方もいるでしょう。
もうすでに申し込みは始まっているのか、どうすれば良いのかを紹介していきます。

すでに事前受付申し込みが始まっている

サービスの開始は2021年3月17日ですが、実は事前申し込みの受付は開始されています。
先行エントリーというもので、今SoftBankのサイトを見ると特設サイトが設けられていてこちらですぐに申し込みができるのです。
今申し込みをすることで、お得なキャンペーンもしています。

お得なキャンペーンとはPayPayボーナス3,000円分プレゼント!

今はPayPayモールだけでなく、PayPayは町の中にあるお店で気軽に利用できるため便利です。
このPayPayがなんと3,000円分もプレゼントになるため、申し込みを検討している方は今がチャンスです。
本格的にサービスが提供されてしまうと、特典はなくなってしまいます。
サービス提供の前日までに申し込みをしているだけでなく、その後の契約も5月31日まで手続きを完了させることも条件となっています。
特に難しい条件はないため、狙っている方は早めに先行エントリーをしておきましょう。

契約方法はどのようにするのか?

LINEMO(ラインモ)が使えるようにするため、どのように契約をすれば良いのかも知っておきましょう。
まずはサービス開始になるまではできないため、2021年3月の何日になるのか情報をこまめにチェックしておきましょう。

サービスが開始したらネットを使い自分で契約する

これまで店舗がある携帯を持っている方は、お店まで行って機種変更やMNPの手続きをしていたのではないでしょうか。
わからない点などがあっても聞きながらできましたが、今回のLINEMO(ラインモ)ではWEBのみでしかできません。
そもそもあまりネットをしないため苦手と感じている方は、得意な人に相談しておいても良いでしょう。

LINEMO(ラインモ)は2つから選べる

WEBサイトから契約の手続きや変更などができますが、このほかにLINEからもできます。
普段から知り合いや友人とのやりとりをLINEでしている方にとっては、使い慣れているサイトで契約ができるのは便利に感じるのではないでしょうか。

店舗はどこにもない

LINEMO(ラインモ)というネーミングの頭に、SoftBankと付いているのでそのまま近所のSoftBankショップに持っていけば良いのではないかと思ってしまう方もいるかもしれません。
実は残念ながら、店舗はどこにもないため店員さんに聞くことはできません。
一見SoftBankから出ている新プランに感じてしまいますが、サブブランドとなり別の扱いになります。
困ったことがあっても、まずは自分でネットなどを調べて自力で解決していかなければなりません。
もしくはLINEMO(ラインモ)専用の質問などができるチャットを利用して、問い合わせを行います。

カスタマーサポートなどもない

チャットは使ったことないし、電話などで直接人に聞きたいと思ってもこちらも対応していないため注意が必要です。
料金プランも人件費をかけていないため、SoftBankに比べて価格が安くなっています。
相談したいことが出てきたら、WEBサイトかLINEでの受付のみとなります。

SoftBankを使っている人もMNPの手続きをしてから契約する

同じグループであれば、MNPをする必要がないと感じている方もいるかもしれません。
しかし、ブランドとして異なるため、MNPの手続きは必要になります。
事前に予約番号を取ってから、LINEMO(ラインモ)で手続きを行いましょう。

スマホ本体の心配もしておこう

毎月の基本料金も気になりますが、一緒にスマホ本体が万が一トラブルに遭ってしまったときの心配もしておきましょう。
モバイル保険であれば、修理代を気にすることなく月700円で年間最高10万円までの補償をしてもらえます。
何もないときはそんなに壊れる心配がないように感じてしまいますが、水濡れや破損は突然起きます。
そんなときに保険に入っていると思えば、お金はかからず修理や交換などができるため安心です。
月700円で3台まで登録できますので、コスパも良く入っておく価値はあります。