簡単に手続きができるeSIMとは?対応の機種は何があるの?

簡単に手続きができるeSIMとは?対応の機種は何があるの?

eSIMっていったいどんなもの?

これまではSIMカードを抜いて新しい機種に付けたり、新しいSIMカードを挿したりしてスマホを利用していましたが、簡単な手続きをするだけで本体に直接書き込みをしてくれるeSIMが利用できる機種も増えてきました。
オンラインでの手続きの新プランが増える中、eSIM対応の機種にも注目が集まっています。
こちらでは、eSIMについて詳しく紹介していきます。
なんとなくネットでeSIMという文字を見たことがあるものの、いまいち何かわからないという方もいるのではないでしょうか。
こちらではどんなものか、メリットはどこかなどを説明していきます。

eSIMは本体に直接書き込むことができる

普通はSIMのカードに重要なものを書き込み、新しい機種などに挿入するようになります。
かなり小さなカードですし、慣れない方はどこに入っているのわかりにくく自分で交換するとなると面倒に感じるでしょう。
eSIMの場合カードではなく、そのまま本体と一緒になっていますので簡単に機種変更や新規の開通ができます。

オンライン手続きでも大変便利

今までSoftbankやドコモなどの携帯電話を購入するときは、店舗に行ってSIMカードの交換などはお店にお任せにしていた方も多いでしょう。
これからはオンラインのみでの手続きをするプランも出てきますので、すべてを自分で行わなければいけません。
お店に行かなくても、Webの手順に従って入力をしていけば簡単に開通できます。
クリックもわかりやすいように手順が出ていますので、初めての方でも迷いません。

MNPや機種変更なども自分でやりやすい

これまでは時間を空けて、ドコモショップや家電量販店に行き新規契約や機種変更の契約をしてきたのではないでしょうか。
オンラインでの契約も可能にはなっていましたが、実際にやったことのある方は少ないかもしれません。
今後はeSIMが出てきたことによって手間がなくなるため、自分が交換したいと思ったときすぐに手続きができます。
SIMカードが届くのを待たなくても良いため、すぐに終わります。

同じ機種の中に別々のキャリアを入れられる

今までのスマホでは、1つの機種の中に1契約分しか入れられませんでした。
たとえばiPhoneに対してドコモの契約をしていたら、ほかのキャリアを使いたいときにはそれ用のスマホがもう1台必要だったのです。
しかし、eSIMを利用すると、今まで使っていたスマホにもう1つのキャリアの契約を入れられるようになります。

利用するときにわかりやすく名前分けができる

eSIMをいくつか書き込む場合、そのキャリアごとに何の目的で使用するのか名前を付けられます。
会社とプライベートのように、名前を考えておくと利用する際に便利です。
番号を編集してわかりやすくし、上手に使いこなしましょう。

もし使わないときも簡単に情報をなくせる

これまで使っていたものの今後は使わなくなるという場合、eSIMカードの削除も可能です。
この場合、一旦削除する前に悪用されないよう、一度無効化してから消せば問題ありません。
ただ一旦削除をしてしまうと使えなくなってしまいますし、復元もできないため考えてから行いましょう。

eSIMが対象の機種って?

すべての機種がeSIM対象であれば便利ではありますが、実は決まったものしか使えません。
メリットを感じても、もし対応していなければ利用できないことも覚えておきましょう。

Google Pixelシリーズ

Google Pixel4やGoogle Pixel4aなどが対象になっています。
もしどこかのキャリアに乗り換えたいときなど、Google Pixelをそのまま使いたいときはeSIMを利用すると便利です。

比較的新しいiPhone

iPhoneを愛用している方も多いと思いますが、比較的新しめのiPhone XSやiPhone 12などはeSIMに対応しています。
最近購入したばかりで今後もキャリアを変えても対象の機種を使いたい場合は、eSIMを利用してみましょう。

月700円のモバイル保険も入っておこう

スマホ本体を水濡れや破損させてしまったとき、月700円のモバイル保険に加入していたら安心です。
機種を購入するのは結構値段も高くビックリしてしまいますが、その分保険に入っていれば万が一のときも大丈夫です。
機種をお得なものに替えて機種変更する際も、簡単な手続きで補償をしてくれます。