楽天モバイル(アンリミット)の保険はどうすべき?

楽天モバイル(アンリミット)の保険はどうすべき?

より柔軟に利用できるようになる楽天モバイル(アンリミット)

楽天モバイル(アンリミット)では 2021年4月1日から、Rakuten UN-LIMIT VI(ラクテン アンリミット シックス)という新しい料金プランをリリースすると発表しました。
すでに楽天モバイル(アンリミット)を利用している人は、2021年4月1日から自動的に新料金プランへとアップグレードされます。
新しいプランでは1回線目は月間データ利用量1GB以下なら無料、1GBを超え3GB以下の場合は980円、3GBを超えて20GB以下の場合は1,980円、20GBを超過後はデータ利用量上限なしで月額2,980円、2回線目以降は3GB以下なら980円~といったプランです。
データ使用量が少ないとき、少ない人も、使用量が多いとき、多い人も、その使用量にマッチした柔軟な料金が適用されるというのがウリです。

楽天モバイル(アンリミット)の保険

楽天モバイル(アンリミット)の新しい料金プランは、携帯大手のようなまったく新しい料金プランとして契約し直す必要はなく、既存の契約者は自動的にアップグレードされます。
そのため、すでに楽天モバイル(アンリミット)の保険に入っている方は、保証オプションを外さない限りは、同様の保険が適用されると見込まれます。
また、新規でRakuten UN-LIMIT VIに申し込む場合、自分の希望によってオプションで保証に申し込むことが可能です。
楽天モバイルで独自に提供されている保険は、どのような内容でしょうか。

つながる端末保証 by 楽天モバイル

SIMのみを申し込んだ方が入れる保証で、月額500円となります。
楽天モバイルのSIMカードを利用しているスマホが自然故障、破損・全損、水没した場合の無償修理と有償交換が受けられます。
1契約につき年間2回までで、修理は無償、交換の場合は1回目は4,000円(税抜)、2回目は8,000円(税抜) です。

スマホ交換保証

SIMと端末を同時に購入して楽天モバイルに加入した方向けの保証で、月額500円です。
破損、全損、水没などによる故障の際に、修理ではなく、新品同等の同一機種を交換品と自宅に届けるというサービスとなっています。
機種や購入価格を問わず、一律6,000円の自己負担で新品同等の同一機種に交換され、年間3回までの交換が可能です。

スマホ交換保証プラス

楽天モバイルで購入したスマホの故障時に加えて、盗難や紛失時でも、機種や購入価格を問わず、一律6,000円の自己負担で新品同等の同一機種に交換してくれます。
交換回数は年間3回までで、そのうち盗難や紛失による交換は年間2回までです。
スマホ交換保証に加えて、盗難と紛失も対象になることで月額料金は650円にアップします。

端末補償・あんしんリモートサポートパック

個人契約では2018年11月21日まで申し込めた保証ですが、保証サービスの内容変更に伴い、2019年8月1日からスマホ交換保証へ自動移行されています。
端末補償・あんしんリモートサポートパックでは修理金額24,000円(税込)までを無償で対応するほか、年2回まで自己負担額4,000円~7,000円で同一機種・同一カラーの新品同等端末に交換する内容となっていました。
現在はスマホ交換保証により、年3回まで自己負担額6,000円で端末交換のみとなり、修理の対応はなくなっています。

低コストで便利な保険に入るには?

楽天モバイル(アンリミット)の独自の保険は、月額500円または650円で、修理対応ではなく、1回6,000円、SIMのみ利用なら1回目4,000円、2回目8,000円で端末を交換してくれる保証です。
月額500円なら年間で6,000円、650円なら7,800円も料金を払うのに、交換するには6,000円あまりの自己負担をしなくてはなりません。
ちょっとした故障なら交換ではなく、格安料金や無償で修理してほしいと思いませんか。
新しいプランのRakuten UN-LIMIT VIで料金が柔軟になって安くできるなら、保険ももっと柔軟でお得にしたいものです。
そこでオススメなのがモバイル保険というサービスです。

月額700円で3台までカバー

モバイル保険なら、月額700円でWi-FiやBluetoothに繋がるモバイル通信端末を3台まで対象にできます。
スマホ3台でもワイヤレスイヤフォンやタブレットでもかまいません。
楽天モバイルでは1台につき、盗難や紛失も含めれば650円になりますが、モバイル保険では700円で3台保証されるのです。

気軽に修理できる

モバイル保険では、修理費用保険金として年間最大10万円まで保証され、その範囲なら自己負担はありません。
主端末の故障で修理可能なら、年間最大100,000円、修理不能や盗難なら最大25,000円、2台目、3台目の端末は修理可能の場合は合計で最大30,000円、修理不能・盗難の場合は最大7,500円とお得です。