iPhone8についてとおススメの保険を紹介

iPhone8について

iPhone8は2017年9月12日発売されたモデルです。
iPhone8は背面ガラスになっており、ワイヤレス充電ができるようになっております。
最近のiPhoneはイヤホンジャックがなくったことで、有線のイヤホンを利用する場合はライトニングケーブルのコネクト部分を使わなければいけなくなったため、充電以外の目的で有線接続をした際に、端末購入時に付属しているライトニングケーブルでは充電が出来なくなるデメリットがあります。
そういったデメリットを解消するためにもワイヤレス充電が出来ることはかなり良いことではないでしょうか。
また、本モデルではホームボタンもあり指紋認証も使えるので長く愛用されている方も多いのではないのかと思います。
価格帯は下の表です。

  docomo au ソフトバンク apple
iPhone8(64GB) 88,776円 45,720円 86,400円 78,800円
iPhone8(256GB) 106,920円 109,680円 104,640円 958,00円

最新のiPhone12Proであれば、一番高いもので16万円を超えますのでそこと比較すると安いモデルであると言えますが、それでも8万円以上はしますのですぐに替えかえるわけにもいかないと思います。
性能としては必要充分ですので、長く愛されるモデルです。中古でも1番売れているのはiPhone8ですので使い勝手でいうと1番なのかもしれません。

スマホの購入動向

先ほど説明した通り、スマホは決して安い買い物ではない値段となってますので、スマホを購入する時多くの方がapple storeやキャリアショップなどで、12回や24回などの割賦でお支払いされているのではないかと思います。
キャリアショップで購入される場合は機種変更プログラムと銘うって、使用期間や下取りの条件がつく代わりに実質半額にしてもらうことも出来ます。
割賦で購入すると一回で大きな額を払わないので、あまり大きな出費ではないと感じますよね。ですが、実際10万円近くお支払いしていることには変わりありませんので、支払い金額についてはよく確認するようにしましょう。
最近の動向として、お持ちのiPhoneを長く使っていくことで家計にも優しく、予期せぬ出費を避けようとする方が多く見受けられます。

また最近の傾向では新品ではなく中古で安く端末を買う人も増えてきました。新品で買うとどうしても高額は避けられないので少しでも安く買おうといった人は中古で買う傾向があります。

一般的なiPhone8の修理ランキングと修理価格

iPhone8を長く利用していく上で心配になるのが故障リスクだと思います。

常に持ち歩くものですのでその分故障してしまうリスクは高くなります。
せっかく長く使おうと思っても、修理代金が高いと買い替えを検討することになる方も多いと思いますので、ここからは修理代金について紹介します。
<故障ランキング>
1位  ディスプレイ交換(画面割れ、ゴーストタッチ)
2位  バッテリー交換
3位  その他(ドッグコネクター、フロントカメラ)
iPhone8の修理として、圧倒的に多いのがやはりディスプレイ交換です。原因として、落下が多いとされています。それ以外にも度重なる衝撃によるダメージでフレームが微量ではありますが、曲がり変形しゴーストタッチ(触れてもいないのに作動すること)を引き起こしたりもします。ディスプレイの修理だけでも約2万円しますので決して安くはありません。
iPhone8の場合背面もガラスということもあり、画面割れに伴う背面の割れも故障理由として非常に多いです。背面が割れたまま使用することで、湿気が入りダメになったり、中の基盤と言われる、人間でいう脳みそがダメになったりと、二次故障を引き起こすリスクが高くなりますので、その状態のまま使用することはあまりお勧めができません。かといってappleの修理サービスを使うと値段が非常に高くかかります。下記参考料金です。
そこをふまえて、各補償サービスの詳細に入ります。
・AppleCare+なし 39,800円
・AppleCare+あり 11,800円

iPhone8の保証について

iPhoneで加入できる保証は、大きく分けて3つあります。
端末メーカーであるアップルの保証、携帯キャリアの保証、そのどちらにも属さない第三者の保証の3つです。この記事では第三者の保証については、当店がおすすめする保険会社のモバイル保険をご紹介します!
5. アップルの保証
新品のiPhone8購入時には、アップルの無料のメーカー保証(AppleCare)が1年間ついていますが、この保証は自然故障のみが保証対象となっています。そのため、iPhoneを落として画面が割れたり、水没して動かなくなったりした故障には対応していないため、アップルでは有料の保証サービス「AppleCare+」が用意されています。

AppleCare+の保証内容

項目 詳細
料金

一括18,480円(税込み)

※機種により金額は異なります

※月額で支払うことも可能です

保障期間 iPhone購入日から2年間
保障内容

画面修理:3,740円(税込み)

本体交換:12,980円(税込み)の料金で合計2回まで修理可能

紛失・盗難 対象
保障期間 iPhone購入から30日以内

AppleCare+ 盗難・紛失プランは2019年9月より新たに追加されたプランです。従来のAppleCare+とほとんど同じ料金で、紛失と盗難にも対応しており、アップルストアやアップルの正規修理店で同じサービスが受けられます。

キャリアの補償

3大キャリアの補償は破損状況にもよりますが、基本は修理費用を減額してくれる補償なので自己負担の免責金の請求が発生します。いざ端末を壊した時、毎月の支払いとは別に修理代金がかかるのはデメリットかもしれません。

キャリアの保障内容

項目 au ソフトバンク docomo
月額 869円 979円 825円
申し込み 購入時のみ 購入時のみ 購入後14日以内
免責金

画面修理:3,740円(税込み)

本体交換:12,980円(税込み)

画面修理:3,740円(税込み)

本体交換:12,980円(税込み)

12,100円(税込み)
紛失・盗難 12,980円にて同一機種と交換 12,980円にて同一機種と交換 上記免責金にて同一機種と交換
対象台数 1台 1台 1台

モバイル保険

本記事で改めてご紹介するものに、メーカーや携帯キャリアが提供していない保証サービスで有名な「モバイル保険」というサービスがあります。
まずは保証内容を説明します。

モバイル保険の保証内容

項目 詳細
料金 月額700円(非課税)
補償期間 契約期間中
補償内容

修理代金を年間最大10万円まで補償

修理不能の時は保険対象端末の購入金額か25,000円のいずれか低い金額を補償

紛失・盗難 盗難のみ対象(紛失は対象外)
加入タイミング

購入から1年未満

または新規取得から1年以上経っていてもメーカーまたは通信キャリアの有償補償サービスに加入していれば対象

中古端末でも3ヶ月補償が付いていれば対象

 

モバイル保険に入る4つのメリット

補償内容については先ほど説明しましたが、第三者の保険(モバイル保険)がiPhone8の保証としてピッタリな点を4つにまとめてご紹介いたします!

① 月額700円で年間10万円まで何度でも補償出来る

前述でもお伝えしたように、iPhone8の画面背面を同時に壊してしまった時の修理代金は4万円前後かかってきます。それを実質無料で直せてしまうのはお財布にも優しく、良心的ですよね。

AppleCareやキャリア補償だと別途1万円程度かかってしまいますのでそれと比べると実質負担0円なのでかなりお得です。

② 1契約で3端末まで補償対象

副端末として他にも2台保証対象として端末登録ができますので、ノートパソコンやタブレット、アップルウォッチ、AirPodsなどの保証にも使えます。家族の端末なども合わせて入れることが出来ますのでそのような点もかなりお得だと思います。

③ 購入から一年以上経過しても加入可能

新規取得から1年以上であってもメーカーまたは通信キャリアが提供する有償の補償サービスに加入している場合切り替えが可能です。
もちろん購入から1年未満であれば加入ができるため、キャリアやアップルの保証に入り忘れた人でも加入することができます。

また、中古端末でも3ヶ月補償が付くものに関してはモバイル保険に加入出来ますのでかなり幅は広いと思います。
毎月の固定費を下げたい方,月額料金も700円とアップルやキャリアの保証より安いという特徴があるので家計にも優しく、今のタイミングで切り替えていただくのもいいかもしれません。

④ 全ての手続きがオンラインで完結

モバイル保険では「お申込み」「情報、端末の変更」「保険金の申請」「解約手続き」まで全てオンライン上のWEBサイトで行えます。
また、ヒトに紐づく保険ですのでキャリア回線は問われません。格安SIMに乗り換えたり、MNPされたとしても継続して補償してもらうことが出来ます。

まとめ

今回はiPhone8の故障内容から3つの補償サービスのご案内までさせて頂きました。iPhoneは我々の最も身近にある精密機器で壊してしまうリスクが高く、頻度も多いです。そんなiPhone8の修理代は安くなく、何度も払えるような額でもないです。なので、補償に入らない選択肢はないと私は考えています。
今回紹介させていただいた、3つの補償サービス、それぞれの良さがありますよね。
ですが、金額、サービス内容を比べると間違いなくiPhone8への保険は「モバイル保険」がおすすめです。

興味がある方はこちらから調べてみてはいかがでしょうか。